【獣医さんに聞いた】子犬の餌の増やし方。お皿舐めるのは、量が足りてないサイン?

子犬のエサの増やし方 犬との暮らし
スポンサーリンク

キャバリアの子犬を飼っています。

先日、生後3ヶ月(ペル)のワクチン接種に行ってきました。

そこで聞いた子犬の餌の量の増やし方が画期的だったのでご紹介します。

 

子犬がお皿舐めるのは「ご飯足りないよ~」のサイン

今、体重約2キロのペル。

現状の餌の与え方(餌の量)

餌の量は、体重と月数を見て、
基準の1日90gを朝と晩に45gづつにわけてあげています。

【現状】

・45gのドライフードにお湯を入れ、ふやかしてあげている(1日2回)

・食べるのがめちゃ早い。(1分ほどで完食)

・食べたあと、お皿を綺麗に舐めまわす。

・子犬からでも食べれるおやつボーロを1日15粒くらいあげている

「お皿ぺろぺろしますか?」

 

ぺるちゃん、

ごはん食べたあと、ぺろぺろお皿舐めたりしますか?

 

ママシコス

毎食します!

食べるのもすごく早くて・・・

 

それはね、

ごはん足りないよーのサイン

なんですよ。

 

え~!!!

それは全く知らなかった!

 

基準は1日90gではあるのですが、

個体差があるので、

食べ終わってまだぺろぺろしてるようなら、まだお腹空いてる証拠です。

 

与えた量の1割を、ドライブフードのままおかわりしてあげましょう

 

子犬の餌の量の増やし方

先生がおっしゃるには、

ふやかしたドライフードを食べる

お皿ぺろぺろする

固いままのドライフードを
与えた量の1割(今回の場合は約5g)おかわりをあげる

まだ食べるなら、
もう一度5gドライフードのまま与える

次回からは、増やした分も合わせて
ごはんの量を計算する

 

だそうです。

 

3ヶ月の子犬の餌、ドライフード固いままで大丈夫?

ドライフード、固いまま与えても大丈夫なのか心配になりましたが、

 

3ヶ月頃は、歯の生え変わりの時期で

固いものを噛むことでストレス発散にもなります。

固形を食べる練習も兼ねて、

固いまま与えて大丈夫です。

 

餌の量が足りないと「う〇ち」を食べる

餌の量が足りないと、
なんと、自分のうんちを食べてしまうそうです!

 

ドッグフードの臭いが残ってるのか、
食べてしまう癖がついてしまうので、
それまでに、お腹いっぱいに満たしてあげましょう。

 

3ヶ月子犬のおやつについて

今、3ヶ月からでも食べれるボーロをおやつとして与えています。

最近、ボーロ以外で、小さなお肉のおやつも3ヶ月から大丈夫だったので購入したところです。

 

 

これは、ダメー!!

 

舌が肥えてしまって、わがままな子に育ってしまうそうです。

 

今はドッグフードが美味しいと感じる時期。

できるなら、ボーロも与えず、
ドライフードだけにしておきましょう。

 

しつけのときに与えるおやつも

ドライフードで十分ごほうびになります。

 

実際に子犬の餌の量を増やしてみた結果

いつものように、
ごはん前には飛びんこ、飛びんこして
大興奮のペル。

45gのふやかしたドッグフードを与えました。

いつものように1分足らずで食べて、
おさらをぺろぺろ。

 

「ペル、おかわりあげよう!」

ペル
ペル

なんと!

おかわりなんてあるの?

わくわく…

 

ドライフード5gを、
1粒ずつ与えてみました。

 

ガリガリ言いながら噛み砕いています。

噛みごたえがあって美味しいのか、
嬉しそうに食べていました。

 

5g食べきっても
まだ食べそうだったので、もう5g増やしてみました。

 

まだ食べれそうでしたが、
初日なので消化不良を心配してしまい、
これ以上はあげませんでした。

 

うんちの状態が問題なければ、
もう少し増やしてみたいと思います。

 

子犬の餌の量の増やし方(まとめ)

・子犬が餌を食べた後にお皿を舐めるのは足りないサイン

・おかわりとして、固いままのドライフードを与えた量の1割あげる

・まだ食べるようなら、くりかえす

・次回からは、増やした分も合わせてあげる

 

餌の袋の裏に書いてある体重ごとの餌の量。

これで間違いないと思っていました。

しかもキャバリアは特に食いしん坊と聞くので、
太らせないようにと、意識しすぎてしまっていました。

 

今回獣医さんに聞いて、

 

・まだまだ与えていいんだということ

・しつけのごほうびはドライフードで大丈夫

 

なことを教えてもらいました。

 

 

まだまだ成長期。

大きくなぁれ~

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました