犬は人間の言葉がわかる?キャバリアペルシコスの場合

犬との暮らし
スポンサーリンク
ママシコス
ママシコス

ペル~、お散歩、行く?

 

「お散歩」の言葉には、ものすごく反応するペルシコス。

果たして、犬ってどこまで言葉を理解しているのか調べてみました。

 

犬が聞き分けできる言葉は100以上

犬がわかる言葉は100以上と言われています。

でも、ここで重要なのが「聞き分ける」こと。

犬は決して、言葉の意味を理解しているのではなく、音を聞いているのです。

 

おさんぽ

例えば、「おさんぽ」。

ペルに「お散歩行く?」と聞くと大喜びでしっぽふりふりしながらお座りします。

これは「お散歩」を理解していると言うより「osanpo 」の音を読み取っているということ。

音程ももちろん大事で、おこったように低い声で「おさんぽ」と言ってもあまり反応しません。

 

いつも声高めに「お散歩、行く?」と聞いてるので、その高音とリズムで理解しているようです。

 

ごはん

「ごはん」も知っているみたいです。

ママシコス
ママシコス

ペル、ごはん食べる?

と聞いても、微妙な反応しかしないのですが

ママシコス
ママシコス

ごはん!

と言うと、スチャっとゲージに入り、お座りしてしっぽを最大限にバタバタさせてお座りしています。

 

「GOHAN」の音程とリズムを理解しているようです。

 

より理解を深めるためには

犬に言葉を理解させるのに重要なのは「音」。

いつも同じ声の高さ、同じ言葉にしておくことで、より理解してくれます。

 

我が家のペルシコスももっと賢くなるといいな~。

 

タイトルとURLをコピーしました