キャバリア子犬が我が家にやってきた!!

犬との暮らし
スポンサーリンク

とうとう、我が家に念願のキャバリアの子犬ちゃんがやってきました!!

 

・2019.3.24産まれ
・2ヶ月のオス

名前は「ペルシコス(通称:ペル)」です。

 

親ばかレベルの日記ですが、
ひとめぼれから我が家に迎えるまでのこと書き残しておこうと思うので
良かったら読んでみてください。

ペットショップのホームページでひとめぼれしたキャバリア子犬

盲腸で入院中、
かねてから欲しいと思っていたキャバリアをネットでなんとなく探していると、
「この子!」と思う子が出てきました!

この顔、ひとめぼれ~!!

超かわいい~!!

早速、旦那にLINEしました。

 

ママシコス

この子かわいいよ

パパシコス

かわいい。即買いしたい。

パパシコス

明日電話して予約して

パパシコス

今週迎えに行く

ママシコス

ほんまにー?

ほんまにー?(笑)https://twitter.com/

パパシコス

パパ特別会議終了・・・。
飼います!

 

 

と、言うわけであっさり購入を決意しました。

 

キャバリア子犬のネーミング

「名前何にするー?」

私たちの子供たちに「桃」という字が入ってるので、
ワンちゃんも「桃」入れよっかーということにしました。

ネーミング辞典で「桃」を検索・・・。

ママシコス

いっぱいあるよー。

ペスカ、ペスカレット、ペス

パパシコス

ムスカみたいやな

ママシコス

ラペーシュ、もも・・・

ママシコス

タオ君

パパシコス

北京?

ママシコス

(笑)
ラペーシュにしようか

パパシコス

名前忘れる

ママシコス

ペルシコスは?
ペルシコス待って~!(笑)

パパシコス

みんな振り返るで

ママシコス

ペルシコス~

パパシコス

恥ずかしいわ

ママシコス

笑わさんとって。お腹痛い(笑)

※ママシコスはこのとき盲腸で入院中…

パパシコス

ペルシコス待て
ペルシコスねんね
ペルシコスお座り

 

想像できん

 

ママシコス

(笑)!!!
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのペルシコス

 

 

・・・と言うわけで、
何のゆかりのもないギリシャ語のももの意味「ペルシコス」に決定しました。

「キャバリアの子犬ちゃんが遺伝子検査でひっかかってしまい・・・」との連絡が

ペットショップに電話して、他県だったので店舗移動をお願いしました。
今週末に地元のペットショップに来る予定で、
とてもとても楽しみにしていました。

ペットショップの動画で何度もペルシコスの動画を見て、
楽しみに楽しみにしていたのですが・・・

 

電話がかかってきました。

ペットショップの者ですが、
実はご予約頂いていたキャバリアの子犬ちゃんが遺伝子検査でひっかかってしまい、
保護犬となり、販売することができなくなりました。

 

なんと・・・。
保護犬・・・?どういうこと?!

 

調べたところ、ペットショップで遺伝子検査というのをしており、
検査でひっかかってしまった子犬ちゃんは、
将来、遺伝子関連の病気になる可能性があるとのことでした。

そのため、販売することはできず、保護犬扱いとなったのです。

キャバリア子犬を引き取るかどうか悩む

将来、病気になる可能性がある。
近い将来かもしれない。足が悪くなって車椅子になるかもしれない。
悲しい最後を迎えるかもしれない。

動画でしか見てないので、実物はちょっと違うかもしれない。

保護犬となったので、予約することができず、
店舗移動する前にもし他の人で引き取り手があれば、そちらが優先されるそう。

可愛いけど・・・。
不安も多い。

Twitterで他の方の意見を聞いてみたり、いろいろ悩みましたが、

 

パパシコス

いずれは誰かが引き取るんだから、うちで引き取ろうか

パパの意見に賛成!
で、引き取ることにしました。

キャバリア子犬を迎えに片道300km!!

どうしても諦められなかったペルシコス。
急遽、引き取りに行くことにしました。

地元からペットショップまで片道300km、約4時間かけて引き取りにいきました。

 

 

ペットショップで初めて見たペルシコス、
それはもう元気で元気で誰よりも遊び回っていました。

 

ガラス越しに顔を近づけると、尻尾ふりふり、嬉しそうに近づき、
人懐っこく大興奮のワンちゃんでした。

そして、写真の通りの可愛さ!!
実物を見て、さらにひとめぼれしてしまいました。

【保護犬】理由は遺伝子異常。保護犬を引き取るまでのストーリー [Protection dog] encounter with puppy

 

 

保護犬となったキャバリア子犬を引き取る覚悟

この先、どうなるかはわかりませんが、
我が家にやってきたペルシコスは可愛くて仕方ありません。

たくさんの愛情でしっかり育てていきたいと思います。

 

娘も息子も、
毎朝「ペルおはよう!」と声をかけ、
帰宅すると「ペルただいまー!!」と
家族の一員として可愛がってくれています。

 

悩みに悩みましたが、家族が増えて、我が家はにぎやかになり、
すぐ怒るママはペルに癒されて優しくなりました(笑)

 

新しい家族、よろしくお願いします。

 

ペル
ペル

よろしくだワン!

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました